茶まんじゅう(利休まんじゅう)

泊りがけで温泉に行って和室にはいるとテーブルの上に

お茶の用意がしてありますよね、

温泉のお土産売り場で売っている温泉まんじゅうが置いてあって、

 

やれやれ〜ついた〜って

足を伸ばしてお茶をいただく、

 

そうこうしてると中居さんが挨拶にきてくれたりして、

大浴場は何階で

お食事は何時にお持ちしましょうか

なんて聞いてくれる

 

というような郷愁ただようお饅頭、

だからわたしは温泉まんじゅうって言っちゃってますが、

 

茶まんじゅう、または利休まんじゅう、または黒糖まんじゅう

などなどいろんな名前があるようです。

 

札幌市南区の定山渓温泉にはこの温泉まんじゅうの美味しいお店がいくつかあります。

いろいろ買って足湯に足を入れながら食べ比べるのも楽しいものです。上記リンクは、

わたしが食べ歩いたお店をこのブログでも紹介しています

http://cottontulip.jugem.jp/?search=%B2%B9%C0%F4%A4%DE%A4%F3%A4%B8%A4%E5%A4%A6

 

 

 

そんな食べ歩きの日々から相当な年数がたちまして

さて、今日はそのお饅頭でも作ってみようかと。

 

なんだか秋になると、あんこモノが恋しくなるんです。

カボチャ、栗、サツマイモ、どっちかっていうと和菓子系でね、

お茶、って気分です。

 

 

餡は、あるんです。前に何かで使って残った練り餡が。

ですので、皮だけ作ればいい感じ。

皮は黒糖で黒蜜を作った中に重層と薄力粉を入れて練る。それだけです。

できた生地をきちんと計って、

12等分。

あんこも12個に丸めておきます。

 

 

手に粉をつけて餡を包みます。

お饅頭用の丸い紙があると本格的ですが無いので、

オーブンペーパーを切って代用。

 

蒸気の上がった蒸し器で蒸します。

 

蒸しあがったらウチワでパタパタ仰いで照りをだします。

写真では、キレイに包めてるところをこちらに向けて写ってますが、

実際は皮が破れてあんこが見えてるお饅頭ばかり。

まあ気にしない気にしない。このお饅頭、皮が破れていても餡子がはみ出てこないみたいで良かったです。

 

もちょっと底側の生地が薄いと売ってるお饅頭に近いですね。

包むのは難しい、鍛錬と修行が必要ですね。

 

実家に。お菓子と花束を持って高齢の両親の顔を見てきます。

 

■レシピ

茶まんじゅう(黒糖まんじゅう・利休まんじゅう・温泉まんじゅう)

【材料 12個分】

黒糖 35g

砂糖 50g

水  大さじ1

重曹 小さじ3分の2

水  大さじ1

薄力粉 100g

あずきこしあん 300g

手粉(小麦粉)適宜

 

【作り方】

1黒糖は塊りなら砕いて、砂糖と鍋に入れ水もいれて弱火にかけ砂糖を溶かす

2溶けたら一度こしてなめらかな黒蜜を作る。

3水で溶いた重曹を混ぜる

4ふるった薄力粉を加え手でこねて耳たぶの固さにまとめる

5 12等分する。乾燥に注意

6あんも12等分し丸めておく

7 5の皮を真rくのばしてあん玉を包む

8包み終わりを下にしてパラフィン紙(オーブンペーパー)に乗せ蒸気の上がった蒸し器に濡れ布巾を敷いて並べる

9 13分蒸す

10 火から下したらウチワであおいで照りをだす

 

Cpicon 茶まんじゅう(利休・黒糖・温泉饅頭) by cottonchu

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * 和菓子・もち * 13:01 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

札幌定山渓 大黒屋商店 「温泉まんじゅう」

おみやげでいただきました。

定山渓(じょうざんけい)の温泉まんじゅう


札幌の奥座敷、とよばれる南区定山渓温泉には、
温泉まんじゅうのお店もいくつかあって、

その中でも、この大黒屋さんのおまんじゅうは、
うちの両親のお気に入り。
 (わたしも定山渓に行くと、買ってくる
09/09/22にお店に行ったときの記事があります)

今日のこれは、両親のおみやげ。

先週の、週の真ん中あたり、
いきなりメールで、
「気晴らしに、温泉行ってくる」

・・・・・

割引券もらったんだって、
気晴らしに温泉ねえ、いいねえ、




直径3.5センチくらいのちっちゃいおまんじゅうは、
宿のテーブルにおいてあるのと同じ。

気を抜くと、2つ、3つ、一気にに食べちゃう、あぶない


材料だけみたら、おうちで作れそう、って、考えあまいですね。

大黒屋商店の温泉まんじゅうは、
1個60円〜70円、
 何個入りの箱かで、単価が微妙にかわってきます。


JUGEMテーマ:北海道な日々


コットンチューリップ:小林純子 * 北海道のお菓子がいっぱい * 10:35 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

札幌駅 わかさいも本舗パセオ店「ぽっぽまんじゅう」

ぽっぽ饅頭。
実家の父が買ってきてくれました。
「ぽっぽ」は「汽車ぽっぽ」のぽっぽだったんですね〜
ハトぽっぽかと思ってた。

温泉まんじゅうのサイズよりもずっと大き目。
皮が、もちっとしてる。

JR札幌駅地上の「わかさいも」のお店の横に
ぽっぽ饅頭だけの売り場がある。

1個80円。この手のお饅頭にしては、安いかも。

お買い物帰りのおばちゃんとか、いつも誰かが買っていて
すご〜く気になっていた。

消費期限は3日目まで。


わかさいも本舗パセオ店
 札幌市北区北6条西4丁目3-1JR札幌駅パセオ内
  011-213-5313
  AM10:00〜PM8:30(ぽっぽまんじゅう)
http://www.wakasaimo.com/

JUGEMテーマ:北海道な日々


コットンチューリップ:小林純子 * 北海道のお菓子がいっぱい * 00:59 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

札幌 札幌製菓「沖縄まんじゅう」

JUGEMテーマ:グルメ

大通り東1丁目にある中央バス札幌ターミナルの売店で面白いものみつけました。
それは
「札幌名物 沖縄まんじゅう」!パックが積まれた上に張り紙「STVで紹介されました!」

札幌名物で沖縄まんじゅうだとぉ〜〜〜お?!
ふざけてる!

って一瞬どっか〜んって噴火しそうになったけど、
面白いもの好きだし、見た目とっても美味しそうだったんで速攻で買いました。
1パック6個入りで441円。

切るときに薄い皮が破れてしまいました、が、
大ぶりの黒糖まんじゅうで、中のあんも黒糖味がしっかり甘くてとっても美味しかったです。


よく見かける温泉まんじゅうや利休まんじゅうと似てるけど、
黒糖を前面に出してるとこ、
1個がでかいとこ、

かなり良いと思います。


ちなみに、STVは「札幌テレビ放送」。日テレ系の地方局で
この「沖縄まんじゅう」はSTVラジオの番組内で紹介してました。


「札幌名物 沖縄まんじゅう」
札幌製菓株式会社
 札幌市東区本町2条6丁目4-1
 011-786-8370




コットンチューリップ:小林純子 * 北海道のお菓子がいっぱい * 14:09 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

札幌市南区 「定山渓温泉まんじゅう」「定山坊まんじゅう」

定山渓野草の会の一條さんによると、
温泉みやげのおまんじゅうを、定山渓で作って、売っているところは、
現在、3つ、だそうです。
そのひとつに間違いない、大黒屋商店さん

足湯の「定山源泉公園」の真向かいです。

買うと、1個、お味見に、ってくれました。
しっとり餡が美味しい。黒砂糖の温泉まんじゅう。
緑茶をいれたら、一度にふたつは楽勝で食べれそうです。

定山渓 温泉まんじゅう 9個入り 600円(だったはず?)
(株)定山渓 大黒屋商店
  札幌市南区定山渓温泉東4丁目319
  011-598-2043
  午前8時〜午後8時
  年中無休


もうひとつ別のおまんじゅう屋さんは、(有)美泉さん。
こちらは、9月の最初の週に、娘が友だちと行った
定山渓温泉 万世閣 ホテルミリオーネ で買ってきてくれたおみやげ、
ミリオーネオリジナルの「定山坊まんじゅう」です。

こちらも、美味しいおまんじゅう。
ミリオーネの中で作ってる、って聞きました。
箱の裏を返すと、原材料名。同じようなおまんじゅうでも、
材料って、違うんだな〜、と思いました。

たぶん1個100円くらいかと。
定山渓温泉まんじゅうより一回りくらい大きくて、もちょっと
ずっしりした感じ。
こしあんに、粒あんが混ざったあんこでした。
9月6日製造で、9月9日消費期限のスタンプ貼ってありましたから
やっぱり早めにお召し上がりください、です。
 
 定山渓万世閣 ホテルミリオーネ 
  〒061-2302
  札幌市南区定山渓温泉東3丁目
  011-598-3500
 定山坊まんじゅう売店(内線3162)
  7:00〜22:00



定山渓観光協会のサイト
http://www.jyozankei.com/shopping_index.html
を見ると、あと3つ、おまんじゅう屋さんがありますね。
そうと知ったら、
全部食べてみたくなりました。 なりませんか?
 (全部で4つ?あれ、数が合わなくないか?、深く追及しな〜い☆)







「北海道旅したくなるブログコンテスト」に参加してます。
北海道特産品の賞品狙ってます。何が当たるのかな?ワンポチしてくれると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

ありがとおはな
コットンチューリップ:小林純子 * 北海道のお菓子がいっぱい * 15:13 * comments(0) * - * pookmark

札幌市南区 定山渓(じょうざんけい)温泉の「足湯」と定山和尚さん

09/09/13(sun)さっぽろ再発見
第2回南区シーニックバイウェイモニターツアー
「南区の旬の果物と特産品を知るコース」【山渓苑(昼食)と足湯】

ツアーのお弁当です。 山渓苑さんで。お味噌汁と茶碗蒸し付き。

バスツアーのお昼ごはんって、
今まで、お弁当とお茶のペットボトル渡されて、各自でどうぞ、
というのばかりだったので、、ここはゆっくりできたし、
山渓苑のなかいさんが、お味噌汁やお茶を運んでくれたのが、嬉しかったです。
ツアーの料金が2980円だから、じゅうぶんすぎるお弁当じゃないででしょうか。

ご飯を食べたら、1時間弱の自由行動で、
山渓苑の下にある、定山源泉公園「足湯」(無料)に行きます。

定山渓に、足湯は何箇所かあるらしいです。
わたしは初めて。
バスツアーでバスに揺られ降りたら見学、あとは山歩きだったので、
すごく落ち着きます。いや〜ほんとに休まるわ〜〜〜〜
(源泉で熱いので、ホースでお水足せます。タオル、持参のこと。)
30分くらい、足を温泉につけて、出てびっくりです。誰もかれも、
「足、軽〜〜〜〜い!」

すごいですね、温泉の足湯。


美泉定山 の像、2体。
 この足湯のある定山源泉公園の隅っこに座ってる 定山和尚さん。

定山渓ホテルの前庭に立つ 定山和尚さん。

この美泉定山という岡山県の修行僧が、慶応2年(1866年)に
豊平川の奥地で、どうもアイヌの人たちが、
お湯に入って病気や怪我を治しているらしい、とのことから
源泉を発見したので、この地名「定山渓」となったそうです。

定山さん、ありがとう。


札幌の母なる川、豊平川の清流沿いに開かれた、
札幌の奥座敷、定山渓温泉。

ただホテルに入って、宴会してお風呂入って、だけじゃなくて
いろんな楽しみ方があるんだなあ、ということを教えてくれた、
定山渓散策メニューでした。

定山源泉公園の向かいにある、定山渓温泉まんじゅう屋さんで
おみやげのお饅頭を買って、
バスが迎えに来ている、山渓苑の駐車場に戻ります。
(急な坂を登ります。せっかく足湯で軽くなった足にムチ打って)



参考:手軽に楽しむ定山渓の湯(札幌市)
http://www.welcome.city.sapporo.jp/feature/05_01/spa_ashiyu.html
参考:定山渓観光ホテル 山渓苑
http://www.sankeien.jp/
ツアー参加のおばちゃんたちの口コミでは
「宿泊料金はお安め。夕食が部屋食なのが、良い。お風呂小さいのがちょっとね」ですって。


主   催:札幌南シーニックバイウェイルート運営代表者会議
         札幌市南区地域振興課・シィービーツアーズ
今回のバス:第一観光
料   金:2980円

《行程》
中央バス札幌ターミナル(8:00)→保養センター駒岡→アイヌ文化交流センター
→定山渓散策→山渓苑(昼食)と足湯→佐々木観光果樹園→
関口雄揮記念美術館→札幌芸術の森(自由見学)→中央バス札幌ターミナル(16:30)

「北海道旅したくなるブログコンテスト」に参加してます。
北海道特産品の賞品狙ってます。何が当たるのかな?ワンポチしてくれると嬉しいです。
↓ ↓ ↓

ありがとおはな
コットンチューリップ:小林純子 * おでかけ北海道編 * 08:38 * comments(0) * - * pookmark

小樽 花月堂「くったる饅頭」


くったる饅頭 3個入り 273円
美味しいよ〜、これラッキー

花月堂のお菓子をいろいろいただいて、
わたしは、
この「くったる饅頭」が一番美味しいと思うの。
このお店の中で、一番好き。

でも、いまだに「くったる」の意味がわからないんだけど(*^_^*)


黒砂糖の味が良い皮。
中のしっとり餡。
わりと大きめ。温泉まんじゅうみたいな小ささじゃなくて、
たっぷりめの皮でしっかり餡を包んでる。心地よい大きさ。



田舎饅頭もいっしょにいただいたけど、

くったる饅頭が美味しかったので、
自宅用に3個入り、買ってしまったもの。



株式会社花月堂 堺町店
  小樽市堺町1-20  駐車場なし
   (近所の有料にとめて散策途中に寄りましょう)
  0134-21-3388
  AM9:00〜PM7:00
  境町店カフェのサイト
  http://cafe.kagetsudou.jp/

花月堂は、嘉永4年創業。
(1851年-江戸幕府は将軍徳川家慶、老中水野忠邦。
     遠山の金さんの時代だわ)
新潟新発田藩のご用菓子舗で、明治37年に小樽に移り
150年の歴史をもつお菓子屋さんです。


堺町店は、
明治26(1893)年に建てられた
「第百十三国立銀行小樽支店」を利用しています。
大正ロマン風のレトロ感いっぱいの建物です。小樽にぴったり。
Cafeになってて、メニューは和のスイーツ、あんみつ系です。
コットンチューリップ:小林純子 * 北海道のお菓子がいっぱい * 14:44 * - * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ