<< 【報告】スイーツ会19-1月例会 | main | 2019年2月近況 >>

マカロンって

春色ベリーのマカロン

 

ピンクと白の2色使いのマカロンに

バタークリームと

冷凍のミックスベリーを固めのジャムにして

挟んでいます。

 

 

マカロンって

どうやって作るの?

 

ってスイーツ会で質問がありました。

 

 

ざっくり工程を説明すると、

 

固い固いメレンゲを立てて、

そこに、ふるったアーモンドプードルと粉糖をまずサクッと混ぜる

まざったら今度は泡をつぶすようにしっかり練り込んでいく。

とろっとろのクリーム状になったら

絞り出し袋にいれて

天板に絞る。

 

たら〜っと丸い形になるので

そのまま置いておいて乾燥させ、表面が指にくっつかなくなったら

 アイシングをしたときに盛り盛りに盛り過ぎて

 表面乾いているのに、中が乾いてなくてちょっと押すとムニって

 中がクリーム状ってわかる、あんな感じです。

表面が乾いたら、低温で焼き上げる、

 

と、マカロンがあの丸いのが焼けます。

 

ちゃんと冷めたら天板からはずし、

クリーム絞って、

 

ベリーのジャムも入れて

 

蓋をかぶせたら

できあがり♪です。

 

マカロンは、

材料費もかかるし、

 卵白はまだしも、

 アーモンドプードルと粉糖、だから家にいつも有るモノで作れるわけじゃないですよね、

 バタークリームにするんなら、バターもいっぱい使う。

そして作業時間もけっこう長い、

天板に絞って乾燥させるのでそのあいだ、天板を独占してしまうから

場合によってはオーブンが使えないかもしれない。

 

と考えると

ケーキ屋さんで売っている本物マカロンが

こんなちっちゃいのに1個300円ももしかしたらもっと高いのも

理解できる

というもんです。 

 

 

検索サイトで「マカロン」のあとにスペースをひとつ入れると

以下のように関連ワードが表示されました。

 

マカロンって

美味しい、って思ってる人と

不味い、って思ってる人、

高すぎる、って思ってる人、いっぱいいるんだってわかります。

 

こんなことを書いているわたしも

 

マカロンって、わかんないなー

 

って思っているひとりです。

美味しい!

って思えるマカロンに出会えずにいました。

どういうのが美味しいの?って若い子に聞いたら

 

サクって噛んだあと

ジュワーってアーモンドの香りが広がる、

 

へええええそうなんだぁ!

 

 

 

そんな美味しいマカロンに出会ってみたい。

いつもいつもそう思っています。

 

 

 

 

自分で作ったマカロンは?

 

 

サクって噛んだらジュワ~って舌に溶けて

ベリージャムの甘酸っぱいが鼻に抜けて

舌には「甘〜〜い!」味が残る。

 

濃い目の珈琲がとっても美味しい!

 

なるほど、

これはイタリアのお菓子だわ!と納得する。

 

 

そして齧った残りのマカロンをまた口に入れてしまう。

あ、これ美味しいかも

って思った時には全部食べちゃってる。

 

 

うちのマカロンは、美味しい! って思います。

 

マカロン、作るのはめんどくさいお菓子ですが、

機会があったらぜひチャレンジしてみてください。

 

高いお菓子、ってイメージがあるので

プレゼントするととっても喜ばれますよ。

見た目、可愛いですしね。

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * マカロン * 08:46 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ