<< 向日葵 | main | おでんの具 >>

【犬】ぷ、危篤につき。

がんばってます。

 

あっというまに体重がどんどん減って、

ちっちゃくなっちゃいました。

今日明日にも亡くなってしまいそうでしたが、

なんとか持ちこたえています。

 

8月23日頃から様子がおかしく、

このままでは夏が越せないとうすうす感じていました。

25日に病院に連れて行ったときには

もう、覚悟してください的なお話でした。

1週間たって、

9月1日に連れて行くと、

もうギリギリの状態で生きている、とのこと。

 

 

こんな状態で、日々、ぷっちゃんの命の隣で過ごしておりました。

 

フェイスブックでは発信していましたが、

ブログ更新が滞り、

ブログをずっと読んでいてくださってるみなさんに

ご心配かけてることをたいへん申し訳なく、

気になってはいてもなかなか書けず、

 

こんな形でのお知らせになってしまいました。

 

申し訳ないです。

 

あんなに元気でにこにこ笑ってくれていたのに、

あっというまに

ちっちゃいちっちゃいぷっちゃんになってしまいました。

 

それでもまだ、

食べよう、歩こうとしてくれています。

 

穏やかに、

お見舞いに来てくれるお客さんがくると

一応シッポ降って、

また寝て、

一生懸命呼吸して、生きています。

 

 

 

以下フェイスブックでお友達限定でお知らせしていた内容です。

 

8月25日(土)

ぷっちゃん、危篤につき。
15歳半ですから。静かにしてます。
わたしはきのう、覚悟を決めまして、
コットンチューリップはぎりぎりまで静かに営業。
コールセンターは今日と明日は欠勤しております。

 

8月26日(日)

ぷっちゃんに、きのうはたくさんのお見舞いと励ましの言葉と、祈りをありがとうございました。
気持って届くんだなあ、と。
今日持ち直して、今までぜんぜん食べなかったのにご飯のお代わりを要求してきました。もっと食べたい、ってことはもっと生きるよって意味なんだと解釈しました。
「もっと早く病院につれて行けば良かったのに」と言われますが、もちろんそうなのですが、病院に行って宣告を受けるのが怖かったしつらい治療をするなら薬が増えるならそれはもう要らないかなと、いろんな想いが交錯し、なかなか病院に行けませんでした。
 病院の先生も当然「連れてくるのが遅い」って思ったでしょうが、病院の先生というのはできたものでそんなことは飼い主のわたしには一切言いませんでした。ただこれからのこと、「薬は無理やり飲ませなさい」と。そして「薬がヒットせず、このまま亡くなるなら、それはこの子の生きる力がここまでだった、と思ってください」と。
 ありがたいことに、薬は一時的かもしれないけれど効いたようで、下痢も止まり食べることができて良いウンチがでました。もうちょっとわたしのそばに居てくれそうです。
 きのういただいたコメントひとつひとつを読みながらぼろっぼろに泣いていましたが今日はまあまあだいじょうぶ。泣きながら自転車でぷっちゃんに会いにきてくれたお友達からも元気をもらいました。
 うち、今、すっごく犬臭いんですけどイヤじゃなかったらお時間ありましたらぷっちゃんに会いにきてください。(死期が近づいてから、ぷっちゃん、すごく臭いんです。動物園にいるみたいな匂いがしてます)

 

8月27日(月)

不思議なもので、食欲も出て呼吸も落ち着いて。この分なら病院処方のフードが足りないかも、と病院に買いにくそのついでに、ぷっちゃんも診てもらいましょうと車に乗せて走り出すと急に体調悪化、今までにないくらい呼吸が乱れ吠えたりもする。ガチガチに震えている。運転しながら左手でそばに寄せても震えながら音を立てて早い呼吸を無理にしてる。連れてきたことを悔やむ、早く病院についてと焦る。

院長不在の日、救急で順番飛ばしで診てくれた代わりの医師に気持を伝え相談して注射をしてもらう。

足りないかも、と買いに来たフード。予定通り買って行ってどうなんでしょう?
買ってってください、とさ。
次の予約の土曜日まで、命、持つのか。
一度はあきらめた命。細ーく細ーくつなぎとめて安らかにいて欲しい。苦しくないように。と願いながら、
苦しませてしまった。

 

 

8月28日(火)

きのうの夜の悪夢から一転、落ち着いています。ごはんもちゃんと食べています。
コールセンターの夜出勤。のんびり寝てる猫のサチコに「お母さんお仕事行って来るから、ぷっちゃんのことお願いね、頼んだよ」と声をかけると、こっちみて「了解!」という顔をしました。実際はわかってない、と思うけどぷっちゃんを一人ぼっちで置いて行くのとサチコがいるのとでは、わたしの安心感が全然違う、と思いました。
猫、役に立つ。ぷっちゃんもサチコも、ありがとう。
コールセンターの同僚のみなさまも、土日に急に欠勤したわたしをあたたかく迎えてくれてありがとう。

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 18:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ