<< 【報告】おうちパンLesson12・フライパンパン | main | 【報告】おうちパンLesson13・ミルクスティックパンとフライパンパン >>

保健所の営業許可更新検査

右側の許可証ですが、

早いもので、許可有効期限が平成30年10月31日。

もう6年経ってしまいました。

 

許可を取った時は「平成30年までお菓子屋をやってるんだろうか」

って半信半疑でしたが、

崖っぷちの綱渡りをしながら

更新の時期を迎えました。

 

ちなみに、左側の飲食店業は昨年取ったので

まだ先です。

 

 

今回の検査の対象となるのは、

このガラスの窓の向こうの

菓子製造業のキッチンです。

 

なんの文句もあるまい!

と思っていたら、やっぱり!床、傷んでいて

張替の指導が入りました。

夏、工事をします。

 

キッチンからリビングをみるとこんな感じ。

いつもリビングでは食事会やスイーツ会、そしてお料理やお菓子、

パンのレッスンをしています。

 

床を張り替えたら再度、保健所が確認に来て

新しい許可証が発行になりますが、これは「更新料」を持って行って

引き換えになります。

 

痛いなあ。

 

 

ただ、今回いろいろ確認をして

とっても良かったことがあります。

 

ひとつは材料表示のラベルのこと。

コットンチューリップの塩クッキーのように袋の面積が小さいもの

(小さいと言えるサイズが決まっています)は

文字の大きさ、5.5ポイントで良いって。

最初に申請したラッピングの袋では8ポインとに

ってことでずーっと確認の対象となっていたんだけど、

どうやら塩クッキーの大きさならもちょっと小さいラベルにしてもよさそうです。

 

 

それから、最近多くなってきた

「先生、粉、買って行きたいんですけど」っていう

粉やお砂糖やチョコレートの小分け販売とバターの販売。

製造キッチンで小分けをして、封をして、表示ラベルに書くこと書いて

販売オッケーの確認も取れました。

 

なので、

うちの生徒さんも生徒さんじゃなくても、

わざわざお取り寄せしなくても、

レッスンで使う材料はコットンチューリップでお求めいただけます。

これ、

ウレシイ。

 

 

7年目のコットンチューリップ、

めざせ10周年。

 

まだまだ頑張っていかないと。

今後ともよろしくお願い申し上げますなのでした。

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * ケーキ屋さんになりたい * 21:52 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ