<< おうちパンとドルチェグストと猫の居る暮らし | main | コットンチューリップの想い、のようなもの。 >>

パンの強力粉

コットンチューリップのパンの材料の話です。

 

パンを食べる人でもよっぽどじゃないと、たぶん、

あんまり小麦粉の種類とかって気にしないんじゃないでしょうか。

 

というか、買ったパンの袋にそこまで書いてないですもんね。

書いてあってもせいぜい「国産です」とか「北海道産です」とかくらいかな、と。

 

コットンチューリップのパンの粉は今は、

札幌の篠路の木田製粉の「道春(どうしゅん)」という粉を使っています。

 

今は、というのは、時々粉の種類を変えます。

いろんな事情で。

たとえば「はるゆたか」という品種が気候の影響などで品薄だったりすると、

違う品種の粉に替えたり、「はるゆたかブレンド」という

はるゆたかにいくつかの北海道産小麦をブレンドした商品にしたり、

あとは、価格変動だったり、

焼きたいパンの種類に合わせてとか、

そういういろんな事情で使う強力粉がたまに変わります。

 

それで今は

木田製粉さんの「道春」を使っています。

 

 

木田製粉は札幌の篠路にあります。篠路と拓北の境目くらいにあって、

その建物、工場とか見たことある人いるかもしれません。

いまや全国レベルの江別製粉とか、他にも、

北海道産の強力粉を作る製粉メーカーが、

普通に車で走ってて見えるところにあるって

パンやお菓子を作る側のわたしとしては

すごくいい環境に住んでいるなあと嬉しく思っています。

 

これは、木田製粉の粉のカタログ。

お米もいろんな品種にいろんな商品名がついてますけど、

小麦粉も、いろんな商品名がついています。

各社それぞれだから、もっともっといっぱいあるってことですよ。

 

カタログの右上の「道春(どうしゅん)」

これが、今コットンチューリップのパンに使っている強力粉です。

 

説明文には、

北海道産春播小麦「春よ恋」を100%使用した強力系の製品です。 北海道産小麦の特長である、豊かな風味、味を有します。吸水性が良好で、伸弾性が強く、しっかりとした生地になりますので加工適性が非常に良好です。モチ感のある、弾きの強い食感となります。麩質(グルテン)が多く、パンにボリュームが出ます。

と書かれています。

 

「へええええ」って思いませんか?

 

説明だけ読むと、「まあ!なんてパン作りに理想的な粉なんでしょう!」

って思います。

そんな意味もあり、

また、

代理店(問屋)さんが、

「道春、使ってみたら?」「価格もちょうどいい感じだし」なんてすすめてくれたりして、

そうやって、

使う材料と言うのは、決まっていったりするのです。

 

そんな道春で焼いたコットンチューリップのパン、

どこかで見かけたら買ってみてください。

といってもそんなにそんなに見かけないよーですよね。

ご注文ください。

焼きますからー。

 

コットンチューリップのプレーンな丸いパン

1個90円

オーダーは4個からでお願いします。

 

 

JUGEMテーマ:手作りパン

コットンチューリップ:小林純子 * パン * 21:47 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ