<< イースタークッキー | main | おはり子さんのエコバッグ >>

レモンとスパイスのスコーン

急にスコーンが食べたくなって、

作りました。

 

「レモンとスパイスのスコーン」

 

お砂糖控えめ、を陰で支える「塩」ですが、

「香りソルト、レモン」を使って、

お塩使用料も減らしています。

 

 

思い立ってすぐ焼いて、

すぐ食べるスコーン。

 

横っ腹(よこっぱら)がパクッと割れて、

これを

「オオカミの口」と言います。

現地で「Wolf's Mouth」というのを単純に和訳して

この国のお菓子のコトバとなった「オオカミの口」。

日本には、あんまり狼の文化、って無いような気がします。

 

狼はやはり、

赤ずきんちゃんや七匹の子ヤギに出てくる悪者イメージ。

羊毛を守るために羊を襲う狼を悪者に仕立て上げ

幼年期からの絵本などで悪者イメージを植え付けた、と聞いております。

 

スコーンをオオカミの顔に見立てるあたり、

スコーンってイギリスのお菓子なんだなあ、と思いまする。

 

こちらが

ハウスの香りソルト「レモン〜ペパーミックス」で

レモンの他にスパイスがいろいろ入っておりますが、

結構ガーリックが来ます。

ですので、

 

オヤツ、というより

軽い食事。

口さみしい、というより

オナカさみしい(^_^.)を満たしてくれる

軽食スコーンです。

 

イギリス風にはたっぷりの紅茶、かもしないですが、

コーヒーでも、牛乳でも野菜ジュースでも

たっぷり水分と、あとコンビニでちっちゃいサラダでも買ってくれば

じゅうぶんオナカも膨れ、心も満足。

この後のお仕事も元気出して頑張れそうです。

 

レモンとはちみつ添え。

究極の疲労回復ですよ♪

 

【材料 2人分(5センチで4個)】

薄力粉 100g

ベーキングパウダー 2g

砂糖  小さじ1

無塩バター 15g

ハウス香りソルトレモンペパーミックス 一つまみ(0.2g)

牛乳50g

 

付け合せは

国産レモンのスライスと蜂蜜。

 

【作り方】

1・薄力粉とベーキングパウダー、砂糖、香りソルトをボールの中で手で混ぜ合わせ

2・バターをちぎって入れ、手で粉とこすり合わせぽろぽろにする。

3・牛乳を少しずつ加え、まだ粉が残っている状態でも粉がまとまるようなら牛乳を残しても粉をまとめる。

4・ラップに3を移し、ラップで巾着包みにするように一旦3をまとめ

5・ラップの上から開く伸ばしラップを開いて半分に折って重ね、つぶし、半分に折って重ねをして

6・正方形の形になったらラップで包みなおして

7・2センチの厚さに伸ばし、

8・好みの形に抜くか切って

9・200℃に余熱したオーブンで様子をみながら10分程度で焼く

 

 

 

減塩料理レシピ
減塩料理レシピ  スパイスレシピ検索

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * スコーン * 15:50 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ