<< プレーンな丸いパンとクルミパン | main | 原点のマドレーヌ >>

スパイス香るパンプキンスープ

カボチャのスープ。

 

果物のオレンジみたいなきれいなタンポポ色。

裏ごししたポタージュ+皮を剥いたゴロゴロかぼちゃも。

 

浮身にはコットンの丸いパンのカリカリトースト

緑の葉っぱは大根の葉っぱ。

 

 

カボチャポタージュは、

某フレンチシェフのキッチンからいただいてきた。

丁寧なお仕事ぶりがわかる、こんなにキレイな色なのに

いろんなお野菜の味が詰まっている。

 

そのベースを牛乳で伸ばして、

スパイス、

シナモン、ジンジャー、カルダモンを、

2ふりずつ入れた。

 

 

一晩おいて、

蓋をあけると、ふぅ〜〜〜〜〜〜って

スパイスが香る。

 

最初にシナモン、おっかけでカルダモン。

 

パンを浸しておくと

またパンの旨みもスープに移動する。

 

だからパンは美味しいものを使おう。

まずはちゃんとバターを使ってる事。

砂糖は、砂糖であること。

塩は、塩であること。

 

せっかく美味しいスープに詰めのところで

安直な添加物で膨らませたパンはやめて欲しいところだ。

 

 

緑が乏しいこの季節。

ちょっとした彩りにいい仕事をしてくれる、

大根の葉っぱ。

 

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * キレイとゲンキの食生活 * 12:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ