<< 北海道のお米のセミナーに行ってきました | main | レモンのシフォンケーキ >>

金継に出会った日

金継とは「きんつぎ」と読む

 

割れたり欠けたりした陶磁器をくっつけるワザだそうだ。

 

このお皿は、お友達が「こうやってくっつくのさー。

純ちゃんちにも高そうなブランドのお皿とかあるじゃーん、

これができると、捨てなくていいんだよー」

 

と言って、「まずはこれ、眺めてて」と貸してくれた。

 

 

 

こんなワザがあるなら、

Noritakeや、お抹茶のお茶碗、捨てなきゃよかった。

 

 

伊万里のお丼も捨てなきゃよかった。

 

 

コットンチューリップ:小林純子 * 手芸・つくりもの * 00:31 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ