<< ハロウィンにスコーンを焼こう「かぼちゃのスコーン」 | main | スパイシーおそうじスープ >>

ハロウィンにスコーンを焼こう「サツマイモとカルダモンのスコーン」

カボチャのスコーンに続き、サツマイモノスコーンです。

わたしは、一緒に焼いたので、
下の画像もカボチャのスコーンも写っています。

スコーンの生地は、まとめてラップして冷蔵・冷凍も可能。
しかも生地は冷えていた方がいいので、冷凍でも包丁が入るくらいに生地が緩んだら
切り分けてすぐ焼けます。あ、オーブン余熱は必要ですよ。

 
アズキの甘納豆が入ったサツマイモのスコーン。

サツマイモにもシナモン、って思うかもしれないけど、
これはアズキが入ってるし、そのアズキはブランデーに浸けてあるので、
スパイスはカルダモンです。

カルダモンというスパイス、
サフラン、バニラに次いで高価なスパイスと言われていますが、
わたしはとっても好きなスパイスで、
夏場はカルダモン入りのラッシーを作ってごくごく飲んでました。
カルダモンのバターケーキ、マフィンでも効果を発揮し
マフィンなんか、両手で割った瞬間とか、スプーンでマフィンカップからすくった瞬間に香ります。
美味しいんですよね〜。

カルダモンのマフィンは、また後日ご紹介しましょうね。

戻りまして、
サツマイモとアズキとカルダモンのスコーンですが、
このスコーンも、
外側カリッ、中しっとり、そのしっとりは日にちがたっても大丈夫でした。
サツマイモ、ホクホクですしね。

ではレシピ
=========
【材料 5個分】
さつまいも 蒸して裏ごししておく  30〜50グラム
アズキの甘納豆 ブランデーを振りかけておく 15グラム
薄力粉   100グラム 
砂糖    30グラム
ベーキングパウダー 4グラム
塩 ひとつまみ
バター   20グラム
カルダモン 3振り(小さじ2分の1程度)
生クリーム 60グラム

【作り方】
1・薄力粉・ベーキングパウダー・砂糖・塩・バターをフードプロセッサーでサラサラになるまで回す。
2・ボールにあけ、サツマイモ、アズキ、生クリームをざっくり混ぜる。
カボチャのスコーン参照http://cottontulip.jugem.jp/?eid=823458
3.ひとまとめにしたら、ラップに包んで平たく潰し、半分に切って重ね、さらに半分に切って重ね、それを1.5〜2センチ程度に伸ばしてラップに包み、冷蔵庫で休ませる。画像参照
4・型抜きして霧吹きし、200℃に余熱したオーブンで25〜30分焼く
===========

参考画像(レシピの2倍量です)
カルダモンがしっとりと、あずきが滑らかに
優しいスコーンです。
冷たい緑茶や麦茶がいいかも。
作ってみてください。わたしもまた焼こうかな、食べたくなってきました。


お菓子作りにかかせない食塩不使用、北海道はよつ葉のバターです。
450グラム業務用。結構もちます。
冷蔵・冷凍可能です。
バター、コットン教室価格でお分けします。820円(送料別)
ネットショップサイト
http://cottontulip.shop-pro.jp/?pid=94663241
またはお電話・FAX、メール、フェイスブックでもお受けします。



ハロウィン料理レシピ
ハロウィン料理レシピ  スパイスレシピ検索  
 
JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * スコーン * 14:53 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ