<< ハイジの白いパン | main | おべんとさんっ(プルーンピューレの食パンでサンドイッチ) >>

プルーンの食パン(アルタイト食パン型 12cm正角型 1斤)


アルタイト食パン型 12センチ正角型 1斤 フタ付で焼いたプルーンの食パン

浅井商店さま商品ページより抜粋****************
底から上部まで勾配のない、縦・横・高さすべて12cmの正角食パン型で、市販の一斤食パンの形です。
熱回りがよくムラなくきれいに焼きあがるため業務用としてよく用いられるアルタイト製。

初回は空焼きが必要ですが、使い込むほどに使いやすくなるアルタイト製プロ仕様のパン型です。
 170〜180℃で40分程度空焼き
 食パン型では、空焼きを行なった後、油脂を塗って200℃で10分程度空焼き。
**********************************************
という、ちょいと扱いがめんどくさい素材の食パン型を使っています。

商品レビューに書かせていただきましたが、
最初は、美味しく焼きあがっているのに、型から出てこなくて
しまいには、パレットナイフで引きはがし、無理やり出すので本当に悲惨な、無残な形になり、これはもうクッキングシートを敷いて使いましょうか、とあきらめていた矢先、スポンと綺麗に抜けるようになったのです。
空焼きをきちんとやっていたのに、しっかりバターも塗っていたのに、それを何度も繰り返していたのに、なぜくっつくのか、そしてそれがある日いきなりなぜくっつかなくなったのか、

わたしには分析はできません(*_*)

でも、あえて言うならば、あきらめないこと、でしょうか。

そんな精神論を、とわたし自身もいやなんですけど、
あきらめず、失敗するたび空焼きしてはまたバターを刷り込む。その繰り返しで使えるようになった。それが事実なので、もしも、
「もう!書いてある通りに空焼きしてもパン、くっついてぐちゃぐちゃ!もうやだ!つかわない!」って思ってる人がいたとしたら(^.^)
クッキングシート敷いて焼いてください。
初めて焼くときも。
この型で焼いたパンは、ね、美味しいですよ。

熱伝導率がとても良いのです。
そしてフタ付き。
料理に均一に火が入り、おいしさを逃さず. 美味しく仕上がるのです。

 焼き菓子も、シリコンの熱伝導率の悪い素材で焼くよりも、ブリキで焼く方が焼き色もキレイだし絶対に美味しいのです。

というわけで、前ふりがかなり長〜〜くなりましたが、
アルタイト材質の型で焼いた、プルーンの食パンです。


バターの代わりに、プルーンを使っていますよ、ってところは、
紅茶とプルーンのフィナンシェ【プルーンピューレの作り方】の記事でお伝えしてきました、その流れです。

パンに使うプルーンピューレは、
いつも入れてるバターを全部プルーンピューレに置き換えるだけ。

翌日以降も固くならない、プルーンの甘みで風味豊か、なんとなく鉄分取れてるんじゃないかな、って気分になるヘルシーカラーの食パンです。


【1斤分材料】
強力粉(北海道産はるゆたかブレンド)270g⇒250gに変更(2015/3/2)
砂糖 20g
塩  5g⇒4gに変更(2015/3/2)
ドライイースト 3g
プルーンピューレ 20g
牛乳 100ml
水  70ml

1・1次発酵までホームベーカリー
2・ガス抜きして2分割(だいたい240g×2個になります)
3・まるめて濡れ布巾をかけベンチタイム 20分
4・それぞれを伸ばして端からくるくるまるめ棒状に、それをまた伸ばして端からくるくる巻きパンケースへ。
5・2次発酵約1時間
6・180℃〜200℃ 25分前後
(うちのガスオーブンは160℃23分)

楽天レシピ変更済み(2015/3/2)
プルーンピューレで作る食パン
詳細を楽天レシピで見る⇒楽天レシピサイトは印刷画面がシンプルで気にいっています。




JUGEMテーマ:札幌グルメ!!

コットンチューリップ:小林純子 * パン * 20:13 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ