<< サチコと「はぶあないすでい」 | main | 工房の逸品 >>

月曜・木曜はパンの日


パン、焼けました!(^^)!

6連パンと塩パンは

冷めたら、
表示シール貼った袋に入れて、伝票つけて、
ショッピングおかべさんに届けます。


シナモンロールは、

冷めたら、
レモンを絞った果汁でとろとろに伸ばした
真っ白いアイシングをかけて、工房で、お客さんを待ちます。


シナモンロールは、

はじめて商品として出してから、
ずっと人気もので、
なかなかわたしも食べられません。


コットンチューリップのシナモンロールは、

他のうちのパンと同様、
北海道産の小麦粉とバターとビートのグラニュー糖と
牛乳、
これにイーストでこねこねして焼くパンなので

デニッシュみたいな、サクサクカサカサ生地ではありません。
指で押すとぺしゃんこになるような、スカスカ生地でもありません。

ずっしり重い、噛みしめるパンです。

それでも、バターの比率が多いから、ぱっと見、
デニッシュみたいな、パイみたいなパンにも見えますが、
パイ生地のパンをイメージして食べると、
「違う〜」って思われるかもしれません。

コットンチューリップのシナモンロールは、

ふかふかのバターいっぱいの生地を平らにのばして
シナモンとココアとナツメグをグラニュー糖に混ぜたものを
一面に降って茶色にして、
端っこからくるくる巻いて、
小口から、切って、
オーブンで焼きあげます。

で、冷めたらアイシングを塗り〜。


食べるときは、外側から、巻き巻きをはがしながら、
手をべとべとにして、
指先をチュって舐めながら、しっかり噛んで食べる、
唇についたシナモンシュガーも
チュって舐める

そうして、仕上げにホットミルクをマグカップでガブガブ飲めば

オナカいっぱい、 わたしはね(●^o^●)そうだったんだけど、

最近、それができないの。たまに食べたいな〜って
思う。

シナモンロールでした。


パンはね、
いろんなパンがあるけどね、

なかなかないよ、原材料表示にね、
「小麦粉、牛乳 バター 砂糖 塩 イースト」
これだけの材料しか書いていないパン。

わけのわからないものをそのままからだに受け入れて良いのかどうか、
ちょっとだけ考えてみるだけ、みて。
と、赤ちゃんや子供をみるにつけ、思う。

シナモンロールを横目で見ながら、この記事、書きました。

そうだった、
これからカラダをつくってく子供たち、その子供を育てるお母さん、
しっかり食べて、つよい人間になぁれ、
そんなことも、わたしが焼くお菓子やパンに込めた願い。


通販サイト
http://cottontulip.shop-pro.jp/?mode=cate&cbid=1401481&csid=0

JUGEMテーマ:札幌グルメ!!


コットンチューリップ:小林純子 * パン * 17:56 * comments(3) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

よく耳にする「天然酵母使用」
アレはやめて欲しいですよね。
まともな人なら何の事だか解りません。
そんな店は訊ねても「はい、天然の酵母です」
真ん中に「+の」のお手軽解説で説明は終わり。
運転免許のないクルマ屋みたいなものです。


Comment by Lot @ 2013/02/25 9:58 PM
明日の夕方じゃ、もう残ってないでしょうか^^;
ダメ元で工房へお邪魔しようと思います=3
Comment by さち @ 2013/02/26 12:58 AM
さちさん
 シナモンロール、買いに来てくれてありがとうございました。失敗レモンケーキ、いかがでした?
Comment by cottontulip @ 2013/02/27 10:21 PM
コメントする









トラックバック

このページの先頭へ