<< スモークサーモンで「春の太巻き」 | main | 北海道産麦豚 「ロンブー淳のスペアリブ抹茶煮」 >>

過活動膀胱かと思って-2(いまだにトイレが近いわたし)

今日の尿検査のおしっこを見て、
先生「どうです?治ったでしょう?」

わたし「変わりません。あいかわらず超ひん尿。
    よかったのは、くすり飲み始めた翌日だけ、次の日から
    またひん尿です」


前回、尿にいた「雑菌うじゃうじゃ」の菌は、先生は大腸菌だと思って
それ用の抗生物質を処方したらしい。

で、菌を培養検査したところ、
大腸菌ではなくて、うじゃうじゃいたのは、
なんとか、っていう本来、膣の中にいて、細菌が入ってこないように
守ってくれてる善玉の菌。
しばしば、それが尿に交じる女性がいる、(つまり、わたし)

大腸菌は、ほとんどいなかったので、

急性膀胱炎ではなかった。


で、心因性の慢性膀胱炎かな、ということになるんだけど、


先生「心因性の原因、つまりストレス、って、ありますか?」

わたし「そりゃ日々くらしていれば、ストレスはあるけど、
   膀胱炎の原因になるようなストレスがどれか、って聞かれてもわかりません」

先生「そうだよね〜〜〜」


先生「(前に膀胱・腎臓、検査してるので)病的原因は、ない。となると
   じゃあ今日は、これ、過活動膀胱の薬、出します。
   これで様子をみましょう」

先生「過活動膀胱は、まだ原因もはっきりしない、それじたいまだ
   わからないことが多い病気なので、
   ようすをみて、まだ悪くなるとか、どうも良くない、ということであれば
   また、薬を変えましょう」

先生「救われるのは、まだ夜はトイレに起きない、ということなので、
   これも夜も頻繁にトイレに起きるとか、そういうふうに悪化しないように
   見て行きましょう」


ってなけで、

今日から「過活動膀胱」の薬を飲むことになりました。


今日処方されたのは、「ポスチニン錠2g」。
これを1日1回、2週間続けてみる。(1日の上限が4錠までだそうです)

副作用として、のどが渇く、便秘になる、というのがあるそうです。


今日は診察代が1620円と薬代が400円。


効けばいいなあ。



JUGEMテーマ:健康


コットンチューリップ:小林純子 * 女性の頻尿・尿漏れ * 13:38 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ