【お菓子教室】マフィン

お菓子教室〜マフィン〜

 

バナナのマフィンと

プレーンマフィン。

 

 

生徒さん(男性)が焼いたプレーンマフィン。

きれいに焼けている。素晴らしい。

 

1回(4時間以内)4,320円のマンツーマン

フリーレッスンのコース

 

 

 

JUGEMテーマ:手作りお菓子

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室 * 23:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

生チョコその後


美味しそうでしょ、生チョコビター。

先日、
4月2日のこどもお菓子教室で
子供たちが作った生チョコ、その後。

作った当日は、
まだ固まりきらなくて、
包丁で、切ると、包丁にどろ〜〜んってついて、
キレイに切れなかった。

しっかり固めて、
切る時、包丁を温めて、スーッと切ると
キレイに切ることができます。
そして、ココアパウダーもキレイにのっかります。

美味しくできましたよー。

口に入れると、
舌に接したところから溶けていく。

しあわせですね、チョコレートをゆっくり口の中で溶かす時。
うっとりする。


JUGEMテーマ:札幌グルメ!!

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室 * 19:44 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

春休みこども菓子教室「生チョコ」


写真は、分量のバターを切ってるところから。

導入部分は、わたしもバタバタで写真撮れず(*_*)


包丁を使う作業は、
最初の工程、
板チョコを刻むとこで見て、いちおう「だいじょうぶ」とは思うけど、
それでも目が離せない。



子供たちの希望は、
「ろいずみたいなやつ」.....うーん、ロイズ、なるほどね(^.^)

どうでしょう、
「生チョコ」。簡単だけど、できれば一晩冷蔵庫で冷やし寝かせたい

1時間計って冷蔵庫、様子、見ぃ見ぃ



冷やし固めてる間に、箱を組み立てる。
今年のバレンタインで使った、
可愛い系の箱。けっこう高かったけど、こういうのに入れると入れないじゃ
ぜんぜん違うので、
使う。


あとはちょこちょこ、冷蔵庫、冷やしながら、
こどもたちの手、温かいので
手も冷やしながらの作業。

丸めてココナッツファインをつける
これは簡単。

いちばん大変なのは、
それこそ「ロイズの生チョコ」みたいな石畳。

長方形に綺麗に・・・・だってまだ固まってないものね、
そりゃあ難しいわ。



できた!!


ほぅら、プレゼント、できるよ!
でも、ちゃんと冷蔵庫で固めて、明日以降にするのよ。


試食ターイム(^◇^)


ね、箱にいれると、お店っぽいでしょう?


洗い物までしっかりできました。
ご挨拶もきちんとできるいい子たち。

おつかれさま。


小さいお客さんが帰って・・・・



ぷーちゃんも疲れましたよー

教室のあいだ、別室でケージに入れられてたのが不満で
吠えまくっていたんです。
「看板犬のぷっちゃんをのけものにするなんて!」ってね。




子供たちからは教わることがたくさん。

ありがとうございました。


3種のチョコレート。
わたしも「ブラック」が良くできてると思います。
美味しい、
ほんとに美味しくできました。これは、大人の味。


JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室 * 21:29 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

お菓子教室「高校生スイーツ部」


3年生なので、3学期の登校日はほとんどなくて、
平日開催の高校生お菓子教室。

彼女たちの希望で、
「フォンダンショコラ」

プリン型で焼きました。
円筒形よりも、口が広いので
生地を入れやすい。


そりゃ真剣ですよ。



試食して、お持ち帰り品もラッピングして。
学校の先生に渡したいそうです。良い子たちだ(●^o^●)



今日はバレンタインデーですね。



今回の教室は、
おひとり 800円でできました(^^)v

レシピを基本に自分たちで、
チョコレートの割合や、
洋酒の種類や、
柑橘の皮など、
違うパターンもやってたみたいです。
そこらへんになると、任せてみる。
危ないことしないかぎり、だいじょうぶ。



JUGEMテーマ:札幌グルメ!!

コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室 * 14:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

売りたい人のお菓子づくり教室


コットンチューリップのお菓子教室は

「売りたい人のお菓子教室」。

もちろん、売らず、家族やお友達に食べてもらうため
でもかまわないのですが。


自分のことを考えれば、
お菓子屋になる前は、

お菓子作って、
プレゼントして、
「ありがとう、いくら?払うわよ♪」と言われても、

自宅のキッチンで作ったものを
売るわけにはいきません、

と、
プレゼントし続けてきた。

マルシェや、
バザーやイベントで、
売ることができなかった。



知ってますか?

自宅のキッチンはもちろん、
喫茶店業・飲食店業のキッチンで
作ったお菓子は販売してはいけないってこと。

だから、
喫茶店で美味しいケーキを食べて、
「おみやげに買って帰りたいんですけど」って言っても
売ってないんです、って
断られるでしょう?

お菓子やパンを焼いて売るには
「菓子製造業」がいるのです。

イベントで焼き菓子を売りたい、そんな人のためと、

わたしがお菓子屋になっての経験を
次につなげていきたい、

そんな、お菓子教室です。

お問い合わせください
mail
pironpi@yahoo.co.jp
またはフェイスブックメッセージで
https://www.facebook.com/cottontulip
https://www.facebook.com/Junkocottontulip



JUGEMテーマ:札幌グルメ!!
コットンチューリップ:小林純子 * お菓子教室 * 01:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ