庭の桜と水仙

 

「水仙が咲いたよ、届けるね」と父にメールをし、

実家に花を持って行く。

 

蕾だった桜が、

実家の花瓶で綺麗に咲いた。

 

うちの庭の桜は

もう少しゆっくりと咲きたいらしい。

 

サクラの開花予想に合わせて今週末くらいが満開となりそうな気配。

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 23:11 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

昨日移植したハーブと亜麻

ミント。

もうスペアミントなんだか何ミントなんだか、交配しちゃってわからない。

地下を茎が張って、脇芽が土の上に顔を出し

伸びている。

 

 

 

ジャーマンカモミール。

植え替えたら、「やった!広ーい!!」の声がカモミールから聞こえてきそう。

のびのび伸びた。

 

亜麻も同じく。

「やった!ここ肥料あるじゃん!」的声が亜麻からも聞こえてきそう。

ぐんぐん伸びている。

 

たった1日でスゴイな。

 

 

亜麻の薄紫の花と

カモミールの白い花が、

風に揺れてる風景を想像して、

 

ガーデンの真ん中にブロックおいて底に座る。

 

緑色の植物のちびすけたちを見ていると飽きない。

 

シアワセだなーと思う。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 13:42 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

さあて!今年も畑が待っている♪

雪もすっかり解けた先週あたりから、

見るたび脅迫されているようだった

「どうすんの?!早くしないとどんどん雑草伸びるぞ!!」

「どうすんの?!もう芽がでるぞ!!」

 

あーだってだって、やろうと思うと雨降るし

雨あがれば雑草伸びるし。

 

おっと、違う!

雑草と言う概念は取り払おうと決めたのだった。

みな大事な植物たちだ。

だが!スギナやタンポポや、ドクダミやミツバたちの好き放題にさせておくわけにはいかぬ!

 

さあて!どうしたものか。

 

 

 

ここ、玄関に向かって左側。

去年までマリーゴールドのプランターが置いてあったのだが、

雪、解けて、

プランター割れてぼろぼろになっていたので、

プランター捨て、

土の面を広くして、まずは、物置のダンボールに入れて越冬し、

2~3センチもう芽が伸びていた球根を植えた。どんどん緑の芽が土から顔を出して伸びている。

この右横に、

マリーゴールドの種を蒔いた。

 

 

こっちは去年、ゴーヤとズッキーニと長ネギを植えていたところ。

ゴーヤもズッキーニも知っての通り惨敗だった(>_<)

ので、今年はここに、

カモミールと亜麻を移植。

去年のこぼれ種から芽が伸びているのを持ってきた。

右側に今年もニラ、出るだろうか?掘っちゃってから失敗したーとここだけ後悔。

 

八重の水仙が咲いた。

右のネギみたいなのはチャイブ。

一番手前の赤い茎はルバーブ。あとタイムも伸びている。

オレガノは見えない。

 

 

 

 

去年コスモスとアサガオが最後まで頑張ってくれた東側。

挿し木したアジサイが芽吹いている。

今年はお花はまだ無理かも。10センチくらいの背丈。

赤いアジサイ用の土でも入れてあげようかな。ほっといたらきっと水色、のはず。

 

 

 

西側。

ミヤコワスレは順調そう。

カモミールは移した。

右側はミントのために空けておくことにする。

ミョウガはどうかな〜?

西側は基本、青い色のお花を集めたい。

 

 

掘ってみたら、

越冬ニンジン(^_^.)

 

 

今年も唐辛子はぜひ収穫したい。

バジル、トマトも。

 

去年植えたルピナス、キンレンカ、ヒマワリ。今年はどうかな。

それとイチゴ。

 

そして何より、

自家製堆肥がまだ熟成終わってない。

 

ぼやぼやしてはいられない。

時間、もっと上手に使わないと。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スズメたち

朝、サクラの木の上で待ってる

 

エサを置くと集まってくる。

 

エサを置いて、そのまま玄関前で見ていても

気にしないで食べ続ける。

 

 

玄関から出てきて

エサを置いて、

玄関に戻って行く人は、良い人、と認識しているのだろう。

 

 

これが、エサを置いて、

畑の見回りをして、

戻ってくると、

危険な人!と思うらしく一斉に飛び立つ。

 

 

その程度の理解のようだ。

 

ちっちゃい頭だからねー。

その程度なんだねー。

 

 

JUGEMテーマ:お庭のお客様

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 16:48 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ガーデン未満2

すみません、ただの土の写真ですが(^_^.)

 

玄関の左側。

去年は

ビオラ→マリーゴールドのプランターが有ったところ。

 

雪が解けて出てきたプランターが割れてもろもろ崩れていたので

プランターを解体し、

土を持って

物置保存していた球根(名称不明)を埋めました。

植えた、というより埋めた、という言い方が正しいくらい、

埋めて、

盛り土は、下の写真から。

 

 

こちらは、物干しの下の去年はネギとズッキーニを植えていたところ。

ここを掘り返して土を、上記の球根植えたところへ。

犬のぷっちゃんと

朝の散歩のあと、

土を見ていたらもういてもたってもいられなくなり、

 

物置から剣先スコップ出してきて

サンダルのまま、土掘り開始。

 

まだ土は冷たいけど、

ミミズがいました。

今年初お目見えのミミズくん、今年もヨロシクです。

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 10:25 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ガーデン未満

たいへんだ、雪、とけた。

 

 

たいへんだ、芽、根っこ、出てる。

去年の秋、植えておこうと思ったときにはもうすでに、

土が凍っていて、スコップが入らなかったのだ。

物置で寝ていた球根たち、今か今かと土に植えてもらうのを

待ってるみたいで、

気持、焦る。

 

 

 

これぞ、まさにカモミールだ。

植え替えてあげないと。

 

 

土が、

芽が、

早くしないと!

って脅迫してるみたいだ、胸がワナワナ焦るけど、

 

なかなか作業に外に出られない。

焦る。

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 12:34 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

自家製堆肥

2月から始めている

自家製堆肥作り。

 

ふかふかであったかい。

 

微生物、育っているのか、いなのか、

目には見えないけれど、

 

ふかふかであったかいので

上手くいってる、と思いたい。

 

今年のガーデンが楽しみだ。

 

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 02:37 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

自家製堆肥と家庭菜園講座

札幌市環境局ごみ減量推進担当課主催による

「自家製堆肥を使った家庭菜園講座」

 

先月は苗づくり講座を受け、

自家製堆肥を使った講座はこれで2回受けました。

2回受けると理解も深くなりますね。

 

今回、受けて、

有機農業、無農薬でやる、

ってことが具体的にわかってきました。

これが有機農業の入口なのかなあ、と。

 

去年は、畑にしゃがんで草取りなんかをしてる時には、

ミミズくんも仲間、って思いながらだったんだけど、

今日からは、

微生物も、雑草も、みんな必要だ、と

去年より仲間と思えるものが増えた。

 

来月は四月だ。

雪が解ける。

 

 

種や苗を植える講座を受けて

 

外に出たら

北海道地方荒天に抗うことなく、

 

札幌中心部、

つまりここはわくわくホリデー(旧札幌市民会館)

暴風雪とな。

 

 

参加者の多くの方が高齢な方で、

自家製堆肥の基材をもらってのご帰宅、

「タクシーで帰る」との声も聞こえてきましたが

はたしてタクシー拾えるのか、って感じの北大通り西1丁目。

 

みなさん気をつけて帰ってくださいね。

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 16:41 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

やっと堆肥作りをはじめる

2月5日の堆肥作り講座でもらってきた「ピートくん」

あれからもう2週間も過ぎてしまいましたが、

やっと「ピートくん」を開封する時がきました。

 

牛乳パックが2本文空きましたので開いてダンボール箱の底に敷きました。

百均で、ネットとキャスターを買ってきてダンボール箱を置く台を作りました。

ガーデン用に温度計も1本買いました。

 

肝心な生ごみも、土曜日の食事会で大量に出て

ざくざく切ってあります。

 

実際に仕込中の箱を見せてくれながら、先生が言うには、

「細かいことあんまり気にしなくていいのよ〜」

「寒くても意外と大丈夫」

ミカンの皮も、卵の殻も、キャベツの芯も

それとわかる大きさでポイポイ入っていて、

フライ返しで混ぜてる感じ。

そかそか、こんなんでいいのか、だったらできそう。

 

実際に見る、ってダイジです。

こうするのか、こうなってるのか、

みるだけでわかります。

 

思い出しながら、

 

 

 

混ぜました。あとは毎日様子見がてら混ぜる。

「ぬか漬け」みたいですね〜

 

雪解けまで、

微生物を飼う感じ。

元気に育て「土」。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ガーデニング入門

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 12:04 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

赤い蛾が羽化しました

 

ポインセチアの鉢についていたと思われる?

幼虫が部屋の隅を歩いていた。

 

雪の戸外に出すわけにいかず、

プラスチック容器に入れて

毎日落ちるポインセチアの葉を入れて

飼って?いたら

ある日

容器の壁にくっついたまま動かなくなり

 

半透明に毛の生えた繭を作り

その中で眠りについた。

 

かえるのだろうか、

もしかえっても、外には出せないしどうしたものか、、、、

 

その存在を忘れていた数日後、

 

容器の壁に蛾が?

 

一瞬何かと思ったが、

それは

繭からかえった蛾だった。

 

生まれたんだ。

 

 

ポインセチアを食べていたせいだろうか、

羽も

身体もポインセチアの赤い葉っぱ色。

 

クリスマスレッドの蛾になった。

 

 

何を食べるのか判らず、

 

ポカリスエットを入れてみた。

飲んだ気配無く、

 

現在は茄子のヘタが入れてある。

 

 

飛べない蛾ではあるけれど、

 

どこで産み付けられた卵がかえった幼虫か知らないが、

繭の中で眠り、

眠りから覚めて、

また外の世界を見ている、

そんな蛾の一生があってもいいのじゃないか、

 

そうでも思わないと、

預かってしまったちっこい命、

毛虫が部屋を歩いてた時点で、生ごみと一緒に捨てることもできたけど。

 

預かってしまった命なら、できるかぎり見届けよう。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:お庭のお客様

コットンチューリップ:小林純子 * ガーデン * 23:45 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ