ぷっちゃんは帰ってくるそうです。

ダイニングカフェ「ハルテラス」さんの

1階で販売させていただいている

コットンチューリップのクッキーたち。

 

月に1回程度、お菓子の入れ替えに行き、

たくさん売れて

売上金を清算させていただくと、

 

自ずと目が、

陶器のコーナーにいく。

 

オーナーのみかさんのお母様が焼いている

器たち。

 

まあまあ、それなりにいいお値段。

 

手が出ない。。。。。。

 

 

 

で、

セール品のコーナー

 

狙っていたのが、

思いがけずお値下げされていたり

新しいのがこのコーナーにあったり、

 

手に取ると

ゴツゴツしててるけど

手の平にスポッと納まって、落ち着く。

ひとつかふたつ、買う。

 

せっかくのお菓子が売れたお金なのに、とみかさんは言うけれど、

ハルテラスで売れたお金が

このカップやお皿になった、っていう形で残るのも

それもまた有りかなと思うので、

気に入った器を、ひとつふたつ、買う。

 

 

 

そういうおつきあいの

ハルテラスさんで、

 

きのう、占いのイベントがあって。

 

 

ランチと占い券がセットになった

前売り券を買っていたので、

 

お客さんとして

お邪魔した。

 

 

 

 

ランチをいただいて、

予約していた

占い師さんの前に座る。緊張。

 

わが身、仕事のこと、みていただく。

 

 

そうだよなー、そうなんだよなー、納得だよー

 

 

納得して、

 

 

 

もう帰ろうかなーとしたそのあとからが、

 

スピリチュアルな人たちって

やっぱり不思議。

 

帰るの引きとめられ、

もう一度座らされ、

 

 

そうして、

 

 

ぷっちゃんの話がきけた。

 

 

 

 

会いたいですか?

 

 

ってそりゃもう会いたいですよ。

 

 

あっさりと、

「いますよ、それもおうちに」

 

「ここにはきてないですね、おうちにいます

結構大きなエネルギーでいるんだけど、気配感じたりしませんか?」

だって。

 

 

わたし、鈍感。

ぜんぜん感じないんです。

 

 

 

 

もうちょっと、

いるみたい、

けっして成仏してないとかそういうんじゃなくて、ね

 

 

今は、毎日一緒に寝てるって、

 

 

もうちょっといて、

そして、行くって、

 

 

でも、行ったらすぐ帰ってくる

って。

 

たぶんまた犬に生まれ変わって帰ってくるから、

 

そしてそれは、

わたしがぷっちゃんだ、ってわかる。って。

 

 

サチコには、

ぷっちゃんが見えてるから、サチコはさみしくないんだそうだ。

 

わたしがめそめそしてるから、

しょうがないなあ、やれやれよしよし、

ってしてくれてるそうだ。

 

 

 

信じていいかも、と思えたのは、

 

「この子は、もうずいぶん前に

からだはもう、ぼろぼろというか、生きていられない状態だったんだけど・・・」

 

言わなかったけど、

わたしもそれは感じていて、

 

獣医さんから、

もういつ死んでもおかしくない状態って言われて帰ってきたその夜から

奇跡的に

よく食べるようになって、

元気も出てきて歩けるようになって、

笑顔も出て、

わたしはそれまでぷっちゃんがお布団に来ないことをいいことに

1人で寝ていたけど、

その日からは

逆にぷっちゃんが居るところに座布団を並べて敷いて

一緒に寝ていた。

亡くなるまでのひと月の間に

2度、散歩もできた。

町内を一周、歩けた。

 

一緒に寝て、

一緒に歩けて、

わたしの手から、好きなパンやお肉を食べて

わたしの手に鼻先をこすり付けるしぐさをした。

それまでそんなことしたことなかったのに。

悲しくてそれと気づかないふりをした。

でもやっぱりそれは、ぷっちゃんから

「お母さん」って言ってる合図だったって思っている。

 

獣医さんが処方してくれた薬が効いた

きっとそれが正解。

奇跡なんてありえない、それが正解。

 

薬が効いたそのひと月の間に、

わたしが後悔しないようにわたしに尽くさせてくれた

 

だとしたら

それはやっぱり奇跡なんじゃないか?

 

 

きっともうあの死んでもおかしくない状態だったその時

ぷっちゃんの体は死んでたのかもしれない。

 

奇跡的にひと月、生きててくれたのは、

わたしへの気遣い。わたしにいっぱいメッセージを残すために

ひとつき限定の死んだ身体を気持ちが動かしていた

精一杯。

 

 

そんな奇跡なぷっちゃんだから、

帰ってくる、たぶん。

 

 

待っている。

 

 

 

「結構大きなエネルギーでいますよ、気配とか感じたりしませんか?

そこにいるんじゃなか、とか匂いとか、ふわっと毛とか」

 

いやー、感じないんです。

 

みてもらってる時、そう答え続けていたけれど、

 

 

 

不思議。

こうやってブログを書いていたら、

キーボードの上に

ぷっちゃんの毛がふわふわと降ってきた。

 

ひとつふたつ、みっつ。

 

 

やっぱり信じていいのかも。

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 22:28 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

愛犬を亡くして

写真家のうえかわちさとさんが

数年前の在りし日に撮ってくれた愛犬ぷーちゃんです。

 

 

ひと月前の

10月4日に、15歳で永眠したぷーちゃん、

呼び名を「ぷっちゃん」

 

彼が亡くなって

今更のようにペットロスに陥っています。

 

 

彼を抱っこした時の

重さや毛の感蝕、匂い、思い出すと

 

心臓の下の胃袋のあたりから

おへそあたりまでの内臓をごっそりと持っていかれるような

痛みと苦しみと

悲しみがやってきて

苦しいです。

 

 

思えば、彼は、

わたしのためだけに生きてくれました。

 

わたしの帰りを待ち

わたしと出かけ

わたしからご飯をもらい、

彼のすべてがわたしでした。

 

そんな彼の愛にわたしは応えてあげられていただろうか

 

 

もう一度会いたい。

もう一度会って、もう一度、

抱きしめてあげたい。

 

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 19:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

犬と猫ふたりはなかよし

さっちゃん、

 

さっちゃん、

 

さっちゃん!

 

ずっと一緒だよ。

 

 

 

JUGEMテーマ:にゃんこ

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 23:51 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

犬と猫ふたりは仲良し

写真の中のぷっちゃん・・・・・

とセンチメンタルさっちゃん、というわけじゃなく(^_^.)

 

サチコの狙いは、↓、お供えの鮭ジャーキー(-"-)

 

こちらは、おうちパンの先生仲間が製造販売していらっしゃる。

もちろん猫もオッケー。

 

そしてこちら、カメヤマロウソクで出してるペットちゃん用。

こんな可愛いのが有るんですね。

こちらは、おうちパンマスターのアドバイザーをなさってる先生から。

 

お心づかいに、再涙。

 

 

そして本当のふたりの仲良しはこちら。

2015年。

http://cottontulip.jugem.jp/?eid=823476

2013年。

このころは本当に仲良しでした。

http://cottontulip.jugem.jp/?eid=822838

 

カテゴリ「わんことにゃんこ」でふたりの仲良しぶり見れます。

http://cottontulip.jugem.jp/?cid=2412

 

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 09:51 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

犬のフィラリア予防薬差し上げます。

2018年のフィラリアの予防薬

 

9月と10月とぷっちゃんに飲ませられなかったので

残りました。

 

動物病院に聞いたら

2018年今年の血液検査をしていて、

10月分、まだ買ってない人に差し上げても構わないと

教えてくれました。

 

郵送します。

 

一応遺品ですのでご理解いただける方へ。

役に立てばうれしいです。

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 20:43 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ぷっちゃん永眠

本名:小林プー

2018年10月4日15歳で永眠。

とっても優しいいい子でした。

みなさまに可愛がっていただき、しあわせなわんこだったと思います。

ありがとうございました。

 

 

 

ささやかですが、

お参りできます。

 

どうか会いに来てください。

 

人が来ると、ぷっちゃんはもちろん

わたしが嬉しいのです。

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 23:20 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

ぷっちゃんお見舞いお茶の間ライブ

危篤状態からすでにひと月、頑張ってるぷっちゃんを

元気にしてあげたいと、

 

めりめさん&岡田さん

が歌いに来てくれました。

 

 

せっかくなので近所の大塚のおばあちゃんと妹さんのせっちゃん、

それとわたしのいとこのちえこちゃんも呼びました。

 

 

 

 

シアワセなわんこだ。

生演奏、自分のためにしてもらえるわんこなんて

そうそういないよ。

 

 

めりめさんの歌に

一同泣きました。

 

ティッシュティッシュ!!

 

 

 

歌のお礼に

わたしからケーキセットは

黒ゴマクリームの抹茶ロールケーキ

おみやげに

メロンパンとバターロール。

 

 

めりめさんは

「歌うことが好きなだけのただのおばはんです」

と言う。

 

でも歌えるってすごいと思う。

わたしたちはみんな、ココロの中が気持ち良く洗われた。

 

 

めりめさんが歌うことしかできない、と言うなら、

わたしは

焼くことしかできない。

 

お菓子とパンを焼いて、

誰かが元気になったり幸せな気持ちになったり、

夢をもってもらえたらいいなと思う。

 

人にはきっと、

誰にも「自分にはこんなことしかできない」っていうものがあって、

それをちゃんと伝えることができれば、

こんなことしか、

では決してなくて、

それはとっても素晴らしいコト。

 

だからわたしも、

ちゃんと伝えられる人になろう、と思う。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 23:23 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【犬猫】介護な日々

ここ数日のぷっちゃん。
よく食べます。わたしが焼いたバターロールがお気に入りのようです。
薬は、お砂糖で甘くした大さじ1ほどの牛乳に溶かしてあげると喜んで飲みます。
水もよく飲みます。
ですが、
いったん発作が始まると、ケホッケホッの勢いのゲホッ!でせっかく食べたものが吐きだされます、まだ少量ですが。
消化されていない食べたばかりの形で吐き出されます。
せっかく飲んだ薬も出てしまったか、と思うと失敗した!と残念に思います。
薬を飲んだあと数時間は落ち着いて眠っていたり、機嫌よく認知症的な徘徊をくるくるしています。

肺に水が溜まってそれを吐き出すようになる、それに血が混じることがある。
と死にそうになって受診した際に言われました。
今のところまだそれは無いようだけど、苦しくなって発作が起きるとそれがおさまるまで、歩き回りながらケホッケホっと咳を続ける。
犬の爪がフローリングに当たってカチャカチャとした音と咳の音とが夜中繰り返され、時に吐しゃ物を拭き、
時間に関係なく、食べたい素振りのときに食べられるものを口に入れてあげる。

介護な日々です。
ぷっちゃんもわたしも、共にがんばりドコロ。
そんなわたしをサチコが慰めてくれる。

 

 

9月3日、ぷっちゃんのことが気になるサチコ。

 

 

 

 

9月4日。青い座布団は2匹ともお気に入り。

サチコ、ここで寝てみるも・・・・

やっぱりぷっちゃんのことが気になるサチコ。

 

 

 

 

9月4日

青い座布団はサチコの!って言ったのに

しょうがない、

今夜はお母さん、徹夜でパン焼くそうだ。

死にそうなぷっちゃんはサチコが一緒に寝てあげよう・・・

 

ぷっちゃん、調子、どう? 

意外と体調良さそう?

だったらこの座布団、サチコに返してよ!!

(という気持ちだったらしく、このあと、ぷっちゃんに猫パンチくらわしてました!)

当然、カメラの向こうで喧嘩を始めればわたしだって怒るわ(-.-)

 

叱られてあきらめたサチコと、普段通り寝てるぷっちゃん。

 

でもやっぱり、

一緒に寝てあげるんだそうです。サチコ、ありがとう。

 

9月14日

遠くから見守りたい、猫のサチコ。

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

JUGEMテーマ:にゃんこ

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 12:37 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【犬猫】つかず離れず

昨日今日、ちょっと調子良い。

 

ずっと受け付けなかったカリカリフードを食べられるようになった。

ただし、キャットフードだけど。

 

それからパンも。

 

12日の朝病院に行って

待ち時間に食べた、低カロリーおやつのサンプルが気に入ってのか、

そのまま持って行っていたコットンチューリップの全粒粉も

パクパクと食べた。

 

これはいいかも?

 

稲荷寿しの油揚げのお醤油がしみた部分のごはん、

ゴマチーズドデカパンのチーズの部分、

 

美味しい所だけ食べる。

わがままグルメ犬になってしまった。

 

食べられるときに薬を紛れ込ませて。

 

薬を飲むと落ち着く。

薬がきれてくるとヒューヒューゼーゼーが始まる。

 

 

30日分の薬、飲み切ってくれますように。

 

 

そんなぷっちゃんを遠くから見守るサチコ。

いい子だ。めんこにゃん。

 

JUGEMテーマ:MIX犬

JUGEMテーマ:にゃんこ

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 12:56 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

【犬】ぷ、危篤につき。

がんばってます。

 

あっというまに体重がどんどん減って、

ちっちゃくなっちゃいました。

今日明日にも亡くなってしまいそうでしたが、

なんとか持ちこたえています。

 

8月23日頃から様子がおかしく、

このままでは夏が越せないとうすうす感じていました。

25日に病院に連れて行ったときには

もう、覚悟してください的なお話でした。

1週間たって、

9月1日に連れて行くと、

もうギリギリの状態で生きている、とのこと。

 

 

こんな状態で、日々、ぷっちゃんの命の隣で過ごしておりました。

 

フェイスブックでは発信していましたが、

ブログ更新が滞り、

ブログをずっと読んでいてくださってるみなさんに

ご心配かけてることをたいへん申し訳なく、

気になってはいてもなかなか書けず、

 

こんな形でのお知らせになってしまいました。

 

申し訳ないです。

 

あんなに元気でにこにこ笑ってくれていたのに、

あっというまに

ちっちゃいちっちゃいぷっちゃんになってしまいました。

 

それでもまだ、

食べよう、歩こうとしてくれています。

 

穏やかに、

お見舞いに来てくれるお客さんがくると

一応シッポ降って、

また寝て、

一生懸命呼吸して、生きています。

 

 

 

以下フェイスブックでお友達限定でお知らせしていた内容です。

 

8月25日(土)

ぷっちゃん、危篤につき。
15歳半ですから。静かにしてます。
わたしはきのう、覚悟を決めまして、
コットンチューリップはぎりぎりまで静かに営業。
コールセンターは今日と明日は欠勤しております。

 

8月26日(日)

ぷっちゃんに、きのうはたくさんのお見舞いと励ましの言葉と、祈りをありがとうございました。
気持って届くんだなあ、と。
今日持ち直して、今までぜんぜん食べなかったのにご飯のお代わりを要求してきました。もっと食べたい、ってことはもっと生きるよって意味なんだと解釈しました。
「もっと早く病院につれて行けば良かったのに」と言われますが、もちろんそうなのですが、病院に行って宣告を受けるのが怖かったしつらい治療をするなら薬が増えるならそれはもう要らないかなと、いろんな想いが交錯し、なかなか病院に行けませんでした。
 病院の先生も当然「連れてくるのが遅い」って思ったでしょうが、病院の先生というのはできたものでそんなことは飼い主のわたしには一切言いませんでした。ただこれからのこと、「薬は無理やり飲ませなさい」と。そして「薬がヒットせず、このまま亡くなるなら、それはこの子の生きる力がここまでだった、と思ってください」と。
 ありがたいことに、薬は一時的かもしれないけれど効いたようで、下痢も止まり食べることができて良いウンチがでました。もうちょっとわたしのそばに居てくれそうです。
 きのういただいたコメントひとつひとつを読みながらぼろっぼろに泣いていましたが今日はまあまあだいじょうぶ。泣きながら自転車でぷっちゃんに会いにきてくれたお友達からも元気をもらいました。
 うち、今、すっごく犬臭いんですけどイヤじゃなかったらお時間ありましたらぷっちゃんに会いにきてください。(死期が近づいてから、ぷっちゃん、すごく臭いんです。動物園にいるみたいな匂いがしてます)

 

8月27日(月)

不思議なもので、食欲も出て呼吸も落ち着いて。この分なら病院処方のフードが足りないかも、と病院に買いにくそのついでに、ぷっちゃんも診てもらいましょうと車に乗せて走り出すと急に体調悪化、今までにないくらい呼吸が乱れ吠えたりもする。ガチガチに震えている。運転しながら左手でそばに寄せても震えながら音を立てて早い呼吸を無理にしてる。連れてきたことを悔やむ、早く病院についてと焦る。

院長不在の日、救急で順番飛ばしで診てくれた代わりの医師に気持を伝え相談して注射をしてもらう。

足りないかも、と買いに来たフード。予定通り買って行ってどうなんでしょう?
買ってってください、とさ。
次の予約の土曜日まで、命、持つのか。
一度はあきらめた命。細ーく細ーくつなぎとめて安らかにいて欲しい。苦しくないように。と願いながら、
苦しませてしまった。

 

 

8月28日(火)

きのうの夜の悪夢から一転、落ち着いています。ごはんもちゃんと食べています。
コールセンターの夜出勤。のんびり寝てる猫のサチコに「お母さんお仕事行って来るから、ぷっちゃんのことお願いね、頼んだよ」と声をかけると、こっちみて「了解!」という顔をしました。実際はわかってない、と思うけどぷっちゃんを一人ぼっちで置いて行くのとサチコがいるのとでは、わたしの安心感が全然違う、と思いました。
猫、役に立つ。ぷっちゃんもサチコも、ありがとう。
コールセンターの同僚のみなさまも、土日に急に欠勤したわたしをあたたかく迎えてくれてありがとう。

 

 

JUGEMテーマ:MIX犬

コットンチューリップ:小林純子 * わんことにゃんこ * 18:17 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ